〈SHUHARI ONLINE〉新規会員登録+クチコミ投稿で1000ptプレゼント!

バッグの保管方法

皆さんはバッグを何個お持ちですか?1つだけという方はあまりいないと思います。大体の方が複数個お持ちだと思います。ですが、普段使いするバッグは意外と1つや2つだったりして決まっており、使わないバッグがクローゼットにたくさんしまいっぱなしなんて方も多くいらっしゃると思います。今回は、使っていないバッグの保管方法についてお話したいと思います。

普段使いバッグの保管方法

普段使いのバッグは使った後、その辺にポイってことが多いのではないでしょうか?バッグは毎日使ってあげた方が長持ちします。ですが、もちろん汚れや傷は付きやすいです。使用後は乾拭きやブラシをお持ちでしたら、ブラッシングしてあげてください。表面に付いたホコリなどの汚れを取り除いてあげることが大切です。雨に濡れたりしてしまったら、拭き取ってから風通しの良い所で陰干しさせてあげてください。通勤通学バッグなども休みの日は中の物を取り出して、同じく休ませてあげください。

使わないバッグの保管方法

使わないバッグは適切な保管方法をしてあげないと、劣化やカビ、型崩れなど、いざ使いたい時に使えなくなる可能性があります。適切な保管方法に関して説明していきます。

保管前

保管前も同じく、汚れを拭いてあげたり、ブラッシングしてあげたりして、清潔な状態にしましょう。レザー製品は専用クリーナーや保革クリームでケアしてあげてから保管しましょう。保革クリームは付け過ぎるとかえって、カビの温床になりかねません。適切な量でケアしてあげましょう。

保管は型崩れ防止の為に、中に新聞紙などを詰めてください。紙類は湿気取りの効果もあります。外は専用のブランド保管袋が有ればそちらに、無ければ不織布を用意して保管することをお勧めします。なるべくホコリなどが付かない環境を作ってあげてください。

また、保管する前に湿気を多く含んだ状態でしたら、しっかり日陰で乾燥させてから保管を必ずしてください。あっという間にカビが生える可能性あります。

保管場所

保管は基本的に扉付きのクローゼットやウォークインクローゼット、衣装ケースなど多岐にわたると思いますが、同条件として言えることは風通しの良い状態にすることです。扉は閉めない、蓋は閉めない、密閉空間にしないことです。劣化やカビを防ぐにはなるべく湿気を溜めない環境を作ることです。出来ない様でしたら、必ず除湿剤や換気扇をまわすといったことをし、また定期的に外気に触れる様に換気をしてあげましょう。

地面に直置きも良くないです。湿気は空気より重いので下に流れていきます。地面と密着していることで湿気が籠ってしまいます。クローゼットに上棚があれば、なるべく上に置きましょう。衣装ケースなどの場合も密着しない様にスノコなどを引いてあげれば、効果的と言えるでしょう。

保管中

保管中に重要なことは上記でも述べましたが、外気に触れさせることです。いくら湿気対策をしているとはいえ、ずっと放置しておくことはよくないです。月に一回程度、湿気が多い梅雨などは半月に一回程度、外に出してあげて、同時に状態確認もしましょう。レザー製品は革の状態を見てあげて、必要であれば保革クリームで再度ケアしましょう。また、万が一カビが生えかけていたらすぐに処置出来ます。病気と一緒で発見が遅れれば、取り返しのつかない状態になることもあります。大事なバッグであればあるほど、メンテナンスには力をかけてあげてください。

保管後

保管後は、使用前に状態の確認をしてあげてください。劣化はないか、カビは生えていないなど確認してから使用した方がよいかと思います。使っている最中に壊れたり、カビに気づかずに使っていると見た目としてもマイナスです。

最後に

正直に申し上げますと、適切な保管をしてあげたとしても場合によってはバッグがダメになってしまうこともあります。なぜならここは日本だからです。日本には四季があり、雨季があり、乾季があります。湿気と乾燥を繰り返すことは生地に大きなダメージを与えます。しまいっぱなしの環境において、バッグはどんどんダメージを負います。やはりバッグは使ってあげることが一番です。使ってあげて壊れるのはしょうがないです。使わずに壊れるのはもったいないです。冠婚葬祭などでしか使わないバッグもあるかとは思います。このような物もたまには外に出してあげて、状態確認をするのも長持ちさせるコツかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました